とくし丸
note

とくし丸創業日記とくし丸創業日記

No.2013-3-25

読者の手紙。

今日の「徳島新聞朝刊」に、阿南市に住む89歳の男性が、「とくし丸」のことを書いてくれている。まさか「読者の手紙」に掲載されるなんて思ってもみなかったから、とてもウレシイ。
イッショウケンメイやってたら、きっとどこかで見ててくれる人がいるはずだ、と思っていたけど、居た。

なんか、ムクワレル、よなぁ。

昼間は、徳島健康科学総合センターで「シニア創業」についての講演。久しぶりに「柚りっ子」創業者の、三澤澄江さんに再会。60歳を過ぎて会社を設立し、70歳を過ぎてもなお積極的な経営を続けるその姿に、カンドーすら覚える。
僕も、まだまだコレから。さらに頑張らねばと、つくづく感じる。

住友達也

写真

No.2013-3-4

阿南方面の中道6号車 初日で、46,800円。

中道6号車の、初営業日。阿南市方面に向かう助手席に乗って、販売のサポートをする。初日は、せいぜい3万円前後が当たり前なのだけれど、なんと軽く4万円オーバーだった。
それだけ、待っててくれる、頼りにしてくれる人達が多いという「アカシ」でもある。

明日は、小松島の立江周辺。さて、どれだけの数字になるか?

住友達也

写真
note