とくし丸
note

とくし丸創業日記とくし丸創業日記

No.2014-2-27

いろいろ、あるなぁ〜。

いろんなトコから視察が入って、様々な方から連絡があって、「とくし丸」は確実に認知されつつある。
今日なんか、どしゃ降りの雨の中、待っていてくれるお客さんがたくさんいて、そこにちゃんと商品を届けてくれる販売パートナーさん達がいてくれる。皆さんに、カンシャ、である。

で、一方。本業とは直接関係のないプロジェクトからも、声をかけていただける。アリガタイことである。
が、身はひとつであり、1日の時間は24時間しかないのである。これらをどーやってさばいていけば良いのやら。

本業をしっかりこなしつつ、それでもアタマを突っ込みたくなる案件には手を出して行く。何とも困ったサガである。

ま、でも、やりたいことを、やれる時に、やっておかなければ。
しばらくは「走り続ける」のみ、である。

No.2014-2-20

丸2年。

一昨年の、今日。「とくし丸」が初めて徳島を走った。2年前の今日。FBには、こんなカキコミをしていた。

===============================
予定コースを順調に回り、「待ってくれてる人たち」が確実にいることを再確認した。この事業は、間違いなく必要とされている。売り上げこそ、2台で5万円だったけど、初日にしてはまずまずの結果だろう。
1週間すれば、2週間過ぎれば、1ヵ月後には、確実に数字は上がっていくはずだ。でも、本当に「テマヒマ」かかる仕事である。よくぞまぁ、こんな地道な事業を始めたものだと、自分でも思う。でも、だからこそ価値があるのだ。誰もやりたがらないことを、歯を食いしばってでもやっていけば、必ずその先には「ご褒美」が用意されているはずだ。それは「喜んでもらえる、喜び」だ。
===============================

ちなみに、昨日の松原1号車の売上は、101,196円であった。もちろん、1台での売上だ。
こんな日が来る事を、当時は「ユメ」にも思ってなかった。まさか、本当に10万円台が達成できるなんて。いや、去年の後半からすでに、10万円台は「ときたま」ではあるが出ているのだ。

そして、素直に「喜んでもらえる、喜び」を、常に感じている。何とも「アリガタイオシゴト」だ。

昨日、今日と、丸2日「歩く」。まだまだ「待ってくれてる人たち」はたくさん、いる。
1台でも多くの「とくし丸」を増やす事が、これからの課題である。

No.2014-2-18

舞鶴、好調な滑り出し。

の、よーである。昨日からスタートした、舞鶴市での需要調査のための「歩き」。担当の河田さんは、そーとードキドキだったと思うけど、どこの町にも、どこの都市にも、買い物に不便を感じてる人達は、たくさん存在するのだ。

昨日、今日と、「歩き」の結果報告をいただいたが、まずは、「ひと安心」なスタートのようである。もちろん、たった2日間の結果だけで気を緩めてはいけない。本格的な需要調査は、これからなのだから。

先週は、東京からの視察。昨日は、東京からコンサルの方が来て、打合せ。来週は、九州のスーパーの方が視察に入る。再来週は、東京のAJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催のセミナーで講演。

一気に横展開を仕掛けられるか、どーか。この数ヵ月は、とても重要な期間なのである。
焦らず、驕らず、気を抜かず、コツコツと、ドキドキと、ワクワクと、楽しみながらやって行く。

note