とくし丸
note

とくし丸創業日記とくし丸創業日記

No.2014-4-21

ブレイク・ポイント

先週土曜日の毎日新聞に続き、今日の日経新聞に「とくし丸」の記事が掲載された。こちらも「全国版」である。

舞鶴のスーパー・フクヤ(すでに稼働)、高知のサニーマート(6月開業)、東京の丸正(7月開業)と正式な契約を済ませ、今日、さらにもう1社、広島のスーパーから、電話での話ではあるけれど、正式に契約したい旨、連絡をいただいた(9月開業予定)。
そして、来月は、福島県のスーパーからも呼ばれ、幹部社員を集めた場で「とくし丸」の事業説明をさせていただくことに。

構想から約3年。昔の人は「石の上にも3年」と言ったけど、まさに3年近く、よくぞガマンをしてきたものだと、つくづく思う。

もちろん、だからと言って、浮かれる事なく、奢る事なく、むしろさらに謙虚に、着実に、足下を固めていかねなければならない。

この仕組みを、全国に届けよう。

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO70135000Z10C14A4TJE000/

No.2014-4-17

祝・開業! 早瀬10号車。

今日から、阿南市の、中林、北の脇、見能林、津乃峰方面を、「とくし丸」フタ桁目となる、早瀬10号車が走ることに。

20年以上勤められた会社を早期退職し、奥さんと二人で仲良く開業するのである。なんと、ホホエマシイことか。

いろいろな人達が、様々な環境で、それぞれの想いを持って、「とくし丸」に次々と関わってくれている。
そしてソレは、舞鶴で、高知で、東京でと、徳島県だけに留まらず、どんどん広がっていくのである。

「とくし丸」が1台でも多く走るということは、「買い物に困った」という人達を少しずつではあるけれど、サポートできていくということだ。

ジミチに、確実に、薄皮を重ねるように、この仕組みを広げていこう。

写真

No.2014-4-15

またも、四国放送TVで、放映!

●4月26日(土)午前9時25分~55分

●四国放送JRTスペシャル
買い物弱者を救え2・移動スーパーとくし丸

よ~く見ていただきたい。タイトルに「2」が入っている。前回放送された30分ドキュメンタリー番組の「第二弾」なのである。 今回は、県外提携第1号となる、京都・舞鶴のスーパー「フクヤ」も大きく取り上げられる(はずである)。4月1日に開業し、順調な滑り出しを見せている舞鶴での「とくし丸」。ぜひとも、見ていただきたい。

この舞鶴に続き、6月には高知でも「とくし丸」が走り始める。今日から担当者の方が泊まり込みで研修に入っている。さらに、7月からは東京でも「とくし丸」が走る予定だ。

No.2014-4-6

仕事とは、直接関係ないけれど‥‥。

分け入っても 分け入っても 青い山

言わずと知れた、種田山頭火(たねださんとうか)の俳句である。その山頭火を題材にした舞台を、徳島で開催する。

山頭火物語
●日時 2014年5月21日(水)、午後6時開場、7時開演
●場所 般若院・本堂(徳島市寺町92)
●料金 2,500円(当日3,000円)
●出演 中村敦夫(木枯らし紋次郎)、佐々木梅治(劇団民藝)
●問合 088-652-6754 or 090-3180-4714

山頭火を演じるのは、「木枯らし紋次郎」で一世を風靡した、中村敦夫さんである。ニュースキャスター、国会議員、小説家、俳優と、様々な経歴を持つ敦夫さんは、とても魅力的な方なのだ。
第十堰住民投票の時からの縁で、ずっと付き合いをさせてもらっている。僕を「日本ペンクラブ」に引き入れてくれたのも敦夫さんであり、一昨年、チェルノブイリに誘ってくれたのも敦夫さんだ。

中学生の頃、毎週ワクワクしながら見ていた「木枯らし紋次郎」の敦夫さんと、こんな付き合いをさせてもらうことになるとは。本当に、人の「ご縁」は不思議なものであり、大切なものなのだなぁとつくづく思う。

で、今回の舞台、とてもオモシロイ。先に台本を読ませてもらったが、ぐいぐい引っ張り込まれる内容だ。今の「セチガライ」世に中だからこそ、山頭火を再考するキッカケにもなってとても「良い」と思う。

http://www.monjiro.org/朗読劇「山頭火物語」徳島公演/

No.2014-4-3

続いて、高知。

朝から、高知。舞鶴の「フクヤ」に続き、高知のスーパー「サニーマート」と契約書を交わす。予定通りにいけば、6月中旬に高知で「とくし丸」が開業することになる。

来週は、東京の某スーパーと契約するため、飛行機に乗る予定。これで3社。さて、年内にどれだけの県外スーパーと提携することができるか。

時間があったので、初めて上る高知城の天守閣から、高知市内をじっくり眺める。歴史は、常に動いているのだなぁと、つくづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真

No.2014-4-1

祝・舞鶴とくし丸開業!

朝5時起きで、京都府舞鶴市へ。スーパー「フクヤ」の「とくし丸」開業の日である。
9時前に到着し、オープニングセレモニーに立ち会う。そして10時に、いよいよ出発。僕の役目は、助手席に乗っての販売サポート。

丸1日、舞鶴市内を駆け巡る。初日とは思えないお客さんの反応に、お疲れ気味のカラダも疲れを忘れ、夕方5時までしっかり販売。2台の売上合計は、8万円オーバー。

ここまでシッカリ準備を整えてくれた「フクヤ」スタッフの皆さんに、ただただ感謝。正式な、初の県外「とくし丸」は、とても順調な船出を果たしたのである。

さっそく夕方のNHK京都のニュースで報道された(徳島局では、ありえないけど)。さらに、前日から舞鶴入りをしていた四国放送の撮影クルーも、2日間バッチシ取材をしてくれた。こちらは、4月26日(土)の午前9時過ぎから、30分のドキュメンタリー番組第2弾として放送される予定。

心地よい疲れを抱えながら、ついさっき徳島に帰着。明日からさらに、「とくし丸」を1台でも多く走らせるために、ウゴク。

写真
note