とくし丸
note

とくし丸創業日記とくし丸創業日記

No.2015-8-25

19号車の開業。そして20号車へ。

昨日、8月24日(月)に、吉野川市山川町で19号車が開業した。おめでとうございます。パチパチパチ。担当は写真の、藤田茂己さん、52歳、男性。生まれも育ちも、バリバリの山川町の方である。

 

 「ドコソコの、ナントカさんが、今度とくし丸始めたらしいわよ〜」っていうのが、地域の方々にとっては安心感につながるものである。だから、極力、販売パートナーさんは「ジモト」の方にお願いしたいと考えている。

 

で、10月には、松茂町方面で、いよいよ大台となる20号車の開業が決まった。そして全国では、年内の開業が、ナント98台まで確定している。「年内に100台」とオオブロシキを広げていたのだが、ソレももはやモクゼンとなってきた。

 

創業前の準備段階から数えると、ちょうど丸4年の歳月が過ぎたことになる。まだここまで、もうこんなとこまで、やっとこれだけ……。どれが最も相応しいのか、自分でも正直よくわからない。

 

でもコレが、今のとくし丸、なのである。

写真

No.2015-8-22

ムクワレル〜。

7月13日に、脇町・阿波町で開業した18号車・花岡さんのお客さんから、喜びの声、キタ〜。

===========================

 

花岡さんにも伝えてあるんだけど……、もっと言いたい。本当に優しい人です。来てくれて感謝してます。年をとったお母さんにも優しく声をかけてもらってます。これが何よりうれしいです。

 

買物も時間がかかって迷惑かけてます、頼ってばかりで申し訳ないけど、すごい助かってます。花岡さんが来てくれるのが楽しみで、ずっとずっと、花岡さんに来てほしいと思ってます。

 

===========================

 

このような内容の電話だったらしい。「本当に喜んでもらってるのが伝わってきました」と、事務のマミちゃんもゆーとった。

 

よし。少々アツイけど、まだまだガンヴァレル。

No.2015-8-6

暑いっ。

 けど、おばあちゃん達は待ってていてくれる。だから、暑いっからって、休む訳にはいかない。日々、全国の、とくし丸の販売パートナーさんたちは、おばあちゃん達のお家まで車を走らせている。

 

本当に、アタマが下がる想いだ。もちろんボクだって、必要に応じて需要調査の歩きに出かけている。だからシッカリ真っ黒日焼け、だ。

 

けど最近、雑誌・新聞・TVの取材、シンポジウムや講演会へのお招き、新企画の打合せや視察対応などなどで、ゲンバを離れる時間が多くなりすぎている。

 

あ〜、ストレス、溜まるわ〜っ。

 

7月の、全国の売上関連データは、下記のようになっている。

 

総売上    96,867,426円
延客数    62,973人
総販売点数  400,822点

 

年換算すると、10億円のビジネスに育ったことになる。1ヵ月間、述べ人数で6万人以上、お届けした商品は、40万点以上。地道な日々が、着実にお役に立っているのだと実感する。

 

さらに、直近の開業予定は下記のようになっている(敬称略)。

 

8月3日  大分県・ユーマート
    5日     福岡県・アスタラビスタ
      17日    岡山県・天満屋ストア4号車
     中旬  長野県・ニシザワ
     24日  徳島県・19号車
     26日  奈良県・ヤマトー
     26日  秋田県・よねや2号車
9月1日   高知県・末広
  上旬  岩手県・Aコープ北東北1・2号車
    7日  東京都・文化堂3号車
    7日  岡山県・天満屋ストア5号車
      14日  和歌山県・JA紀州
      15日  岡山県・天満屋ストア6号車
      16日  高知県・サニーマート6号車
      17日  滋賀県・サンライズ
      下旬  静岡県・ナガヤ2号車
   下旬  奈良県・ヤマトー2号車

 

もちろん、「拡大」が目的ではないが、台数が増えることで「買物に困った」というお年寄りを、1人でも多くサポートできることになるのだ。

http://www.tokushimaru.jp/zenkoku/

 

ストレス溜まる。けど、ガンバル……。

note