とくし丸
note

とくし丸創業日記とくし丸創業日記

No.2016-11-26

ゼッコーチョーの滑り出し。

一昨日から広島県に入って、広島市初のとくし丸開業前の積込み準備をお手伝い。で、昨日、Aコープ西日本1号車となる、とくし丸の出発式に立ち会う。

 

販売パートナーの福島さんは、このとくし丸をスタートさせるために、引っ越しまでして臨んだ個人事業主である。何としてでも、早い段階で軌道に乗せられるようサポートせねばと思っていた。

 

ソシタラ何と。初日の売上90,855円という、オドロキの数字だった。もちろんこの結果は、開業前の需要調査をしっかりしていただいた、Aコープ西日本スタッフの皆さんのおかげ。そして、おばあちゃんたちに気配り万全の、福島さんの人柄も多いに影響している。

 

大手やコンビニが、続々と移動スーパーに乗り出してきている。成長期には必ず起こる「ブーム」が、いよいよ到来したようだ。

 

が、とくし丸は浮かれる事なく、ブームに便乗する事なく、今までやってきたことを、ジミチにコツコツ、マジメにセイジツに、ただひたすらお客さんの方だけを向いてやり続けよう。

 

今までも、これからも。

写真 写真

No.2016-11-18

いちやまマート、カンブリア宮殿に登場。

とくし丸を導入してくれてる山梨県のスーパー、いちやまマート社長の三科さんが、昨夜のTV東京「カンブリア宮殿」に出演。

 

 数週間前に、確か大阪で開催されたスーパー関係社の会で初めて三科さんにお会いした時「今度、カンブリア出ますからね」と知らされてた。

 

数年前、これもTV東京の「ガイアの夜明け」に、とくし丸が出た時に、一緒に取り上げられたのが「いちやまマート」だった。

 

そんなこんなで、昨夜は「何が何でも観なきゃ」と、1時間も前からTVの前にスタンバッてたのである。

 

いや〜、とてもキョーカンする内容だった。おっしゃる通り、その通りと、何度も頷きながら一気に観ることができた。

 

「実のお兄さんが亡くなったことが、三科さんの人生に大きな影響を与えた」なんてとこは、まったくもって僕と同じである。

 

今度お会いした時は、ぜひとも美味しいお酒でも飲みながら、ゆっくりお話をしたいものだ。

 

いちやまマートのプライベートブランド「美味安心」、すっかりファンになってしまった。オススメ。

 

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2016/1117/

No.2016-11-10

ニッポンの「どまんなか」を走る。

何やら、ニッポンのど真ん中になるのが、栃木県佐野市であるらしい。「佐野らーめん」でユーメーな所である。

 

そこに「道の駅・どまんなかたぬま」という、とても大きな商業施設が存在する。生産者の直売所を始め、地元の物産を扱うショップ、本格的な中国料理レストランから、ジェラート、鯛焼き、おだんご屋さん。入り口近くには足湯まで用意されている。駐車場に至っては、400台を軽く超えるらしい。

 

ま、とにかくニッポンのど真ん中で、たくさんの人たちを集めている人気の施設なのだ。

 

で、とくし丸初、栃木県初、道の駅でも初、という、初々づくしで、12月上旬にとくし丸が開業する。

 

「道の駅」という新しいチャンネルに初挑戦する。何んとしてでも軌道にのせよう。

 

http://www.shimotsuke.co.jp/category/life/welfare/environment/news/20161109/2504413

note