とくし丸
note

とくし丸創業日記とくし丸創業日記

No.2016-12-16

トーイ。

朝8時のフェリーに乗るため、少し早めに車を出して、ガソリン満タンにしておこうと途中のGSに立ち寄った。で、給油を済ませて乗り込もうとすると、ドアにロックがかかって開かない。

 

キーは差し込んだまま。ジャケットも、この日のために作っておいた事業説明用の資料も、バッグもすべて車の中。不幸中の幸い、財布と携帯だけはポケットの中だった。

 

すぐにJAFに電話をするも繋がらず。たまたま家に帰って来てた娘に連絡して、スペアキーを持ってこさせるも、コレがまた機能せず。

 

時は一刻、イッコクと迫ってくる。

 

15万キロ以上走っている遠出用の、このボロ車に見切りをつけて、娘が乗って来た小さな車に乗り換えて、とにかく約束の場所、和歌山県那智勝浦に向かうことに。

 

フェリーで2時間少々。その後、和歌山港から紀伊半島をほぼ半周する180キロに及ぶ距離を、だたひたすら休む事なくウンテンし続ける。その間、事務所に連絡し、必要資料をメールで送っもらい、訪問先でプリントアウトしてもらうように依頼。

 

何とかギリギリ目的地の「Aコープなち店」に辿り着き、とくし丸の販売パートナー希望者数名を前に事業説明と質疑応答を約2時間。で、すぐさま来た道をそのまま、まさに「とんぼ返り」なのである。

 

が、これまた帰りの高速が工事中で大渋滞。乗るべきフェリーの時間に間に合わすため、食事も取らず休憩もせず、ただただヒタスラ車を走らせる。

 

そして文字通り「間一髪セーフ」で乗船し、疲れ果ててドーニカコーニカ帰還した。

 

那智勝浦、遠い。今日は、もはや、コレマデ。

写真

No.2016-12-8

毎週、研修受入。毎週、出張。

ここんとこ、そんな日々の連続である。徳島での研修に来られた、県外スーパーのスタッフの皆さんに、とくし丸の考え方やノウハウを、まずは座学で学んでいただく。

 

 で、現場研修に入ったスキを見つけて、県外へ出張。コレはスーパーへの事業説明であったり、オイシックスとの打合せであったり、はたまた講演だったり。

 

毎日のように需要調査で徳島県内をくまなく歩いていた1年前と、ガラリと仕事内容が変わってきている。

 

たった1年ではあるけれど、ケッコーゲキドーの1年であったようだ(まだ数十日あるけど)。

 

昨年の今頃は、年末までに100台トッパ!と意気込んでいたが、結果99台という、何ともビミョーな数字に終わった。

 

で、今年は200台トッパ!が、これまた昨年同様、ビミョーな気配なのである。

 

が、4年弱で100台かかったのを、今年は1年で100台増にしたのだから、ソレはソレで、まー、そこまで自分に厳しくなくてもいいのではないか、などと、アレやコレやの、いわゆるEわけを並べ立てたりしたりして。

 

とゆーことで、今年も残すところ後20日少々。ウダウダ言ってないで、走り抜けよう。

note