とくし丸
note

とくし丸創業日記とくし丸創業日記

No.2018-8-27

トークイベント、セーキョー。

昨日、平惣書店徳島店で開催された「とくし丸のキセキ」発売記念トークイベント。皆様のおかげを持ちまして、無事盛況裡に終えることができたのである。

ほぼ半分以上は、カンケーシャではあったのだけれど。ま、ソレはソレで、とてもありがたいことでもある。

 

しかし、まー、一人でも多くの方々に出した本を読んでいただこうとすると、今の世の中、とても難易度が高いのである。

手に取ってもらうまで、まずその行為に至らせるまで、どうやりゃいいの、ってことになる。

 

昔なら、単純に「書店に並べる」ということだったんだろうけど、今や全国的に書店そのものの数が減りつつある。

そして今では「読む人より、出版する人の方が多い」とまで言われているくらいだ。

 

こんな状況の中で、頼らざるを得ないのが「ネット」になってしまうのだが……。

 

アマゾン、楽天なんてのは当たり前。もはやフェイスブックすら、若い人には旧メディアになるのかも知れない。

インスタグラム、ピンタレスト、次々出てくる新しいチャンネル。

 

ま、とにかく。

 

あらゆるチャンネルを駆使して、「とくし丸のキセキ」の存在を知ってもらおう。もちろん、読んでもらうために。

写真

No.2018-8-1

で、こんなん、やります。

春からずーーーっと校正をやり続けていた単行本「とくし丸のキセキ」が、いよいよ全国の書店に並ぶことになった。正式には、8月10日発売、である。

 

600ページ以上にも及ぶ元原稿を、削りに削り、何とか330ページほどにまとめた1冊だ。その分、ドクは薄められたが、読みやすくなっているのも、また事実。

 

自分で言うのもなんだけど、前回の「あわわのあはは」も十分面白かったのであるが、言っても地方区。が、今回は紛れもなく全国区なので、やはり売れ行きに期待がかかる。

 

書いた以上は、一人でも多くの方に読んでいただきたいと思うのだ。

 

ということで、イベントである。トーク・イベントだ。あわわの頃からずっとお世話になっている平惣書店で、開催する。全国区といいながら、やはり一発目は、お膝元の徳島からスタートだ。

http://hirasoh.syoten-web.com/IMG_4096.JPG

 

お越しいただければ、もちろんサインだって、言われるがままに、する。

写真
note