とくし丸
note

とくし丸って?とくし丸って?

コンビニよりコンビニエンス(べんり)な
【移動スーパー・とくし丸】が、スタートしました。

今、スーパーの超大型化&郊外化で、近所のスーパーが撤退し、日常の買い物に不自由している人たちが増えてきています。いわゆる「買い物難民(買い物困難者)」と呼ばれる人たちです。経産省の統計では、その数、全国に約600万人。では、その方たちは日々どうやって暮らしているのでしょうか?

写真

市場ヒアリング調査を行う中で、
このような声をたくさん聞かせてもらいました。

  • icon食べるものを買うのは、いつもコンビニ。だから生鮮食品はあまり口にしない。
  • iconこの秋は、まだサンマを食べない。
  • iconたまに近所に住む娘に頼んで、車に乗せてもらいスーパーに連れて行ってもらう。でも、少し気を遣う。
  • icon宅配を利用するときもあるけど、やっぱり見て買いたい
  • icon80歳を過ぎてるのに、買い物のためにまだ車の運転を続けている。でもシンドイ。

中には、5,000円ものタクシー代を払って、スーパーまで買い物に行くというお婆さんもいたほどです。

写真

地域の「見守り隊」としての役目も果たしたい。

  • ネットスーパー

    icon

    年齢的にとてもついていけない。

  • お弁当の宅配

    icon

    一ヶ月もすると飽きてしまう。

  • 宅配

    icon

    注文してから届くまでのタイムラグが不満。

  • 送迎サービス

    icon

    気を遣うし、時間を合わせるのが不便。

ここ最近、買い物難民対策が連日のようにニュースになっていますが、それぞれに弱点を抱えているようです。そもそも「買い物」という行為は、生活の中の「お楽しみ」でもあります。現物を「見て・触って・感じて・選んで」初めて本来の「買い物」と言えるのではないでしょうか。そこで、これらの様々な問題を何とか解決できないか?と考えた結論が「移動スーパー・とくし丸」でした。

玄関先まで軽トラックで出向き、会話し、買い物をしていただく。買い物の楽しさを残しつつ、「買い物難民」と言われる方々を支援できればと考えています。軽トラックといえども、冷蔵庫付きの専用車ですから、生鮮食品も積み込んだそのアイテム数、何と400品目以上になります。また、買い物だけに止まらず、我々「とくし丸」のスタッフが、「見守り隊」としての役目を果たすことも目指します。

見守り隊としての役目も果たしたい
note