とくし丸
note

とくし丸創業日記とくし丸創業日記

No.2018-7-3

旅は、時として、キビシイ。

昨日「旅は、楽しい」と書いたけど、ちょっとだけ訂正。

 

台風明けの今日、奄美大島から鹿児島経由で広島に入ろうとしたら、台風が鹿児島付近で影響しているらしく、僕の乗るべき便がケッコー。

 

ただ今、キャンセル待ち状態。が、昨日からの欠航便で、空港は大混雑。キャンセル待ちの人がウヨウヨしてる。

 

キャンセル待ち番号は48番。これから飛ぶ飛行機は5便。しかし、その機体は小さくて、30数人乗りと70数人乗りであるらしい。

 

平均50人として5便であるから、250人が搭乗できる。48人のキャンセルが出る確率は、果たしてどれだけあるのか。

 

250人中、48人がキャンセルするなんてことが、考えられるか?

 

が、もはや残された選択肢は「ない」のである。

 

最悪は、最終便までキャンセルが出ず、名瀬まで帰ってホテルが取れず、途方にくれるというストーリーである。

 

旅は、時として、キビシイ。

写真

No.2018-7-1

帰れない。

台風を避けるつもりで1日前倒しして、昨日から奄美大島。今日はホテルに閉じ込められることを覚悟して、明日2日の、とくし丸出発式に参加するつっもりだったのに。

 

台風の進み具合が予測以上に遅くなり、明日の出発式も危うい状況になり、しかも明日中に徳島に帰るのは、ほぼ不可能な天気予報になって来た。

 

まさかの奄美大島3連泊、なんてことになりそーである。ま、こうなったら仕方ない。覚悟を決めて奄美大島を堪能しよう。って、タイフウ、だけど。

 

写真は、とくし丸に積み込み準備をしつつの、今日の朝食。ご当地ならではのドリンク「ミキ」と、スパムと高菜の入ったオニギリ。美味。今夜も島料理と黒糖焼酎をいただくことにしよう。

 

そしてモヒトツ。細い住宅街に入っていくと、赤い布切れの付いた木の棒が5メートルほどの間隔で、通りに連続で立て掛けられている。何とコレ、ハブが出た時に対応するための棒切れらしい。それぞれの場所で、さまざまな暮らしが存在する。

 

シゴトとはいえ、旅は楽しい。

写真 写真
note